• ホーム
  • 受けたらまずい被リンクの特徴とは

受けたらまずい被リンクの特徴とは

インスタグラムのアイコン

Googleは、ガイドラインに違反している低品質サイトに対して厳しい評価を下します。そのため、こういった低品質サイトから被リンクを獲得してしまうと、その影響で自分のサイトの評価も低くなってしまう可能性があります。このGoogleのガイドラインは、被リンク対策だけではなくSEO対策全般で非常に重要なポイントになります。ガイドラインに違反した場合には、Googleから検索順位に関するペナルティが与えられるからです。

低品質だと判断されるコンテンツには、自動生成で作られたものも含まれています。ブログを運営しているときには、コンテンツを更新するのが面倒になってしまい、自動生成された文章をそのまま掲載してしまうユーザーもいます。しかし、Googleの巡回ロボットは非常に優秀なのでこういった自動生成への判別も簡単に行います。品質が悪いと判断した段階でペナルティの対象になりますので、気を付けなくてはいけません。

実際に、被リンク獲得時も低品質サイトはスパムと判断されてペナルティの対象となる可能性が高いです。スパムと判断されたサイトは、それまで検索順位が上位であっても一気に下方修正されます。そして、一度こうして下位まで順位を下げられてしまったサイトは再び順位を上昇させることが困難になります。ですから、低品質サイトの被リンク獲得はなるべく避けなくてはいけません。

また、被リンク獲得時の注意点として相互リンクになっていないかをチェックすることも挙げられます。黎明期は、確かに相互リンクはGoogleへの効果が高い対策として重宝されていました。しかし、相互リンクを多用したSEO対策が過去に流行したこともあって、同様の対策を行っているサイトに対して厳格な処分が行われることになりました。特に、自作自演による相互リンクは見つかっただけで制裁の対象となるため、必ず一方的な被リンクになっているかをチェックすることが大切です。

被リンク獲得時の低品質サイトのチェックは、その場限りの確認だけで終わらないように気を付けることも大切です。例えば、過去に品質の良いサイトであると自分自身でチェックできていたサイトであっても、時間が経過することによってリンク切れになってしまう可能性も十分にあります。リンク切れになっているサイトからの被リンクはGoogleが嫌うポイントの1つであるため、被リンク獲得後の管理もしておくことが重要です。

人気記事一覧