• ホーム
  • 自社でブログを作ってみる

自社でブログを作ってみる

ビジネス上の観点から自社ブログを構築することは、とても有効な事です。実際に、自社ブログを展開すればその中でマーケティングを行うことができますので収益の増加にも繋がる可能性があります。例えば、自社専用のホームページを作ってそのホームページのコンテンツの一部にブログを構築することもできます。ホームページとブログを分けておけば、自社コンテンツの差別化もできるためより多くのユーザーを集めることもできるようになります。

ホームページやブログの構築は、CMSというツールを利用することで簡単に実行できます。CMSとは、簡潔に述べるとコンテンツを管理するためのシステムのことです。一般的に、サイト構築を実現するためにはHTMLやデザイン性に関わるCSSなどの知識が必要になります。CMSを使えば、こういった知識がなくてもコンテンツを運営して管理できるようになりますので、自社ブログの構築を効率的に行うことができます。

魅力的なのが、CMSには数多くのテンプレートが既に用意されている点です。HTMLやCSSを利用して構築するのは確かに大切ですが、何より大切なのはそこにSEOとしての効果がきちんと存在するかどうかです。記事を作成して投稿したとしても、それを見てくれるユーザーがいないと意味がありませんし、検索エンジンから評価されないのでは運営する意味もありません。

この点、CMSではコンテンツを運営していくために必要な記事の作成から投稿の機能、そしてサイト構築に必要なデザインからSEOまで、全てテンプレートとして一式で利用できるシステムが存在します。このテンプレートには無料のものや有料のものなど色々ありますが、どれを使ったとしてもSEOに多大な効果を与えることができるものになっています。

しかも、こういったテンプレートは独自ドメインやサーバーにも使えるという非常に大きなメリットが存在します。普通は、SEOの効果が高いテンプレートには著作権などの権利がありますので、独自ドメインを使う場合にはそれらを使うことで問題が生じることもあります。しかし、CMSではそういった権利関係も寛容になっていて自由に使うことが認められているケースも少なくありません。

こういったサービスの代表的なものが、実はWordPressです。WordPressがSEOに強いのも、CMSの機能一環として様々な補助的なシステムが使えるからにほかなりません。WordPressでは、マーケティングの観点からも他社の広告を掲載させる必要がありませんので、非常に有意義なブログを作ることが可能です。