公開履歴
カーソル

Googleは、検索順位をユーザーが自由に変更できるようにSEOという対策を実行することを認めています。SEOは検索エンジン最適化という名称で、検索順位をユーザーで最適化することでより上位にブログやホームページを表示できるようになります。このようなSEO対策の中でも、特に効果が高いと実証されているのが被リンクと呼ばれているものです。

ブログの被リンク効果は、他のSEO対策と比較しても短期間で効果を発揮することが可能で、世界中のユーザーに有効活用されています。早ければ数ヵ月という期間でGoogleの上位に表示させることもできます。ただ、被リンクを獲得するときにはGoogleが明記しているリンクに関するガイドラインに従って実行しなくてはいけません。

Googleは、被リンク獲得時にいくつかルールを設けています。その中でも大切なのが、アフィリエイトサイトでよく利用されるサテライトサイトです。アフィリエイトサイトは、商品やサービスを提供している企業と提携を行うことで利益を上げるブログやホームページのことを指します。アフィリエイトは、より多くのユーザーを誘致する手段として衛星のようにサイトを展開するサテライトサイトという手法を実行することが多くなります。

しかし、Googleが考えている被リンク獲得時のサイトはナチュラルリンクであることが前提で、かつコンテンツが充実しているというものでなくてはいけません。言い換えると、自分でサイトを作ってそのサイトを獲得してしまうような自作自演を行ってしまうと、逆に検索順位を落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。実際に、自作自演のサイトはブログサービスによっては削除されることもあります。

もちろん、こういった傾向は商品やサービスの情報を掲載している本格的なサイトだけではありません。自分で経営しているブログであっても同様です。Googleの評価するブログは、あくまでもコンテンツが充実しているサービスであることが大前提です。

キーワードが選定されているのは当然で、コンテンツが毎日更新されていると、なお高く評価されます。通常のサイトと同様に独自ドメインが設定されていればさらに評価されますので、中身のないサテライトサイトをいくつも展開しても意味がないということを理解することが大切です。

逆に、こういったキーワード選定も独自ドメインの設定もない被リンクを獲得しているときには、評価を落とされないためにもそのリンクを自分で削除する必要があります。被リンクでは自己管理が不可欠になりますので、集めるときにはリスクヘッジを忘れずに作業を進めていくことが大切です。